にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

夫婦二人でトーシツです

統合失調症夫婦の日常を妻の目線から綴るブログ

一回りしては戻り

Say Good bye言えなかった街の雑踏で手を振って顔が見えなくなるまで

 

こんばんは、トモちゃんです。

トモちゃん今はなんだかセンチメンタルです。

晩ゴハンを食べて見ていたロンドンハーツの影響かも。

芥川賞作家の羽田圭介が出てたのですよ。

それを見ていて漠然と寂しくなっちゃって。お酒を飲んでいたから、なおのこと、ね。

 

トモちゃんは大学時代は人文学部に所属して、演劇の勉強をしていました。

まぁ大学院に進学する際に、演劇の勉強から民俗学に方向転換するのだけども。

(今考えると、すごい転向だったかと。今はトモちゃんが通った大学院には演劇の先生もいるのだから、トモちゃんが大学院進学を決めた時も学部のゼミと同じ先生に師事出来たら良かったのに)

自ら文章を書いたりもしていて、学部生の頃はゼミとかで「いつか作家になりたい」とよく発言していて、文学の授業が大好きだった。

だからゆくゆくは芥川賞作家になりたい!と願っていた、10代から20代前半のトモちゃん。

自分は人より文章が上手い方かもしれない、と思っていたけど、作家になれる訳でもなく。

 

ブログを書いていても、やはり本を読むのが好きな人の文章というのは読みやすくて、そういう人は山ほどいるのです。

最近はマンガや雑誌ばかり読んでいるトモちゃんが文章を綴る力が衰えていってね〜。衰えるほどあったかというと、そうでもないかもしれないのだけども。

自分の力量を考えると、無限に自分の可能性を感じられていた頃が懐かしいというか、なんというか…。

やっぱりちょっと、いや、かなり悔しい。

でも自分の言葉を残していきたいから、ブログはポツポツ続けていきたいです。

 

 

『とりあえず、お父さん」キャナルシティ劇場

 

トモちゃん、学部生の頃は演劇のゼミにいました。

演劇する方ではなく、考察したりする立場でした。同じゼミにはセミプロの小劇団で活動している子もいて、なんとなく仲良くなれなかったけど、その子の劇団の公演は結構観に行っていました。

 

福岡の小劇場も好きだったけど、藤原竜也が大好きで、野田秀樹蜷川幸雄も好きだった。

トモちゃんパパは仕事で飛行機をよく使うので、マイルが貯まっていて、そのマイルを分けてもらって、夏と春の大型休みの時は東京の大劇場まで芝居を観に行っていました。そんな学生時代。

 

だから藤原竜也の2004〜2010年頃の出演作品はほとんど観ています。

ファンクラブにも入っていたしね。

最近は仕事の休みとか、お金の面とか、身体が疲れやすいとか、諸々の事情で東京までは芝居を観に行けないけど、福岡でだったら観るよ。

f:id:soratobutomoko:20160117201302j:plain大爆笑の芝居でした。

イギリスが舞台のコミカルなコメディでした。

藤原竜也の演ずる、グレッグは恋人のジニィ(本仮屋ユイカ)と結婚したくて仕方がない。

でもそのジニィには親の年ほど上の元カレの存在がちらついていて。

ジニィの元カレフィリップ(柄本明)に、ジニィはグレッグと結婚すると言いに行く為に、柳が目印の建物に会いに行く。

でもグレッグはジニィが会いに行くのは、ジニィの両親だと聞かされていて…。

グレッグが先回りして、フィリップのいる柳が目印の建物に行ってしまう。

フィリップはグレッグのことを妻シーラ(浅野ゆう子)の不貞の相手と勘違いし話はかみ合うような噛み合わないような。

 

四人の役者のみで構成されている舞台で、舞台上に四人が揃うことは滅多になく、その場にいない誰かの話題で話が行き違っていて、そこが面白い。

みんな自分の知りうる事実で話を進めていくから、グレッグとジニィの結婚について早とちりが生まれる。生まれる。

 

一番幸せなのは、何も知らないグレッグ。

ハラハラしたのは、グレッグと元カレを鉢合わせさせてしまったジニィ。

パニックになったのは、妻の元にジニィが訪れてきて、さらに間男(グレッグ)からシーラとの結婚を申し込まれたと勘違いするフィリップ。

何も知らず、夫の不貞を気づきながら、ちっさな工作しかできないシーラはそんな三人をもてなしている。

 

何とか芝居が終わるまでグレッグは、フィリップのことをジニィのお父さんと思いこんだままだったけど…。

事実が明らかになったら、ジニィのことを嫌いになるだろうなぁ。

恋人の元カレに、恋人とのヨーロッパ旅行を頼まれうのだし。

 

グレッグとジニィの後日談が気になります。

 

お腹を抱えて笑って、楽しみました。

藤原竜也目当てで行ったけど、柄本明が良かった!亀の甲より、年の功だね。

芝居に味がありました。

 

観終わった後はすがすがしい気分で、劇場を後にして、ウエストでうどんを食べて帰りましたとさ。

広告を非表示にする
押して下さると、励みになります にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村