にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦二人でトーシツです

統合失調症夫婦の日常を妻の目線から綴るブログ

NODA・MAPの『逆鱗』を観たよ

ハワイアンミュージック好き

日曜日の朝、いかがお過ごしですか?トモちゃんです。

昨日は北九州に持田さんと野田秀樹NODA・MAPの公演『逆鱗』を観に行きました。その後、小倉城でお花見をしてきたよ。

舞台も花見もとっても楽しかった!やはり日本人は桜を愛でないと。

 

博多駅で持田さんと待ち合わせ。

駅弁を買って、特急に乗り込みます。特急に乗ったらまずはこれ

f:id:soratobutomoko:20160403100428j:plain玄海弁当♪芝居は13時開演。移動の特急の中で駅弁ランチです。

持田さんはしゅうまい弁当。トモちゃんは海産物盛りだくさんのお弁当です。サザエも入っています。豪華!1080円也。

氷結グレープフルーツも飲んじゃいます。旅気分も上がっていいね!

とっても美味でした。ごちそうさまでした。

 

お芝居は西小倉にある、リバーウォーク北九州の中の北九州芸術劇場でありました。

芸術劇場のロビーから見た勝山公園です。

f:id:soratobutomoko:20160403100946j:plain

小倉城のお堀もよく見えます。絶景かな。絶景かな。

 

f:id:soratobutomoko:20160403101007j:plain

桜も綺麗ですね。

 

さてこの日観たお芝居はこれ

f:id:soratobutomoko:20160403101443j:plain

前半はハイテンション。ギャグやダジャレが途切れることなく放たれます。

舞台装置も簡潔で分かりやすく、なのに場面転換もスムーズに行われて、めまぐるしく変わる場面に息つく間もありません。

人魚や潜水夫たちが走り抜け、踊って消えて、場面が変わる。分かりやすくて、鮮やかでした。

 

舞台は大きな水槽を準備した、水族館。

その新たな水槽の見ものの人魚を水族館の館長と、その館長の娘で人魚学学者の助手と教授が探しています。

その水族館は鵜飼のショーを売りにしていて、潜水鵜ならぬ潜水夫が雇われています。

大勢の潜水夫たちが人魚を生け捕りにするショーを始めようとしています。

そこに電報配達夫の男が現れ・・・。

 

電報配達夫の男も、潜水夫になり海底のいきます。

そこで人魚と出会うのです。

そして、人魚と人間の死生観の違いについて、教えられます。

 

電報配達夫の男が地上に戻ってきて、そして、人魚が見つかって鱗に『NINGYO EAT GEKIRIN』というメッセージが残されていました。

その人魚は人魚の世界の話を始めます。

人魚は魚雷に似ているという話になり。

人魚学学者の助手の娘は、魚雷の話になると人魚を叩きます。

 

そうこうしているうちに場面は切り替わり、潜水夫は第二次世界大戦の日本の特攻隊の兵士へと様変わりしていきます。

特攻隊はデブとチビを載せた潜水艦に人間魚雷となって突撃していくために志願したのでした。

突撃前の極限の状態での特攻兵と、それを見守った人魚。

 

この時代の人魚とは、人間魚雷のことだったのです。

人魚に乗って、突撃していく兵士の姿。

痛ましく、悲壮で、こんなことをする必要があるのかと考えさせられました。

 

このお芝居の場面は、水族館の地上と、人魚のいる海底と、第二次世界大戦下の特攻隊の出撃前の三つの世界に分かれます。

その各々の世界で放たれるセリフは同じなのに、場面が変わってくると同じセリフなのに意味合いが変わってくるのです。

時間軸の構成と、場面の切り替え、前半で使われたセリフや電報の言葉の真意。

全てが計算し尽くされていて、見終わると全てが繋がっていたことがわかります。

 

持田さんと、この全体の構成を考える頭ってすごいよね。野田秀樹すごい。

と話していました。

凡人には思いつかない展開です。

野田秀樹只者じゃないです。さすが日本を代表する劇作家。

とてもいい作品だったと思います。

 

見終わった後の放心状態は何とも言えません。

 

やはりお芝居はいいなぁ。久々のヒットでした。

 

そのあとは小倉城にお花見に。

 

f:id:soratobutomoko:20160403105019j:plainお城と桜と青空は何とも言えない絶妙の組み合わせ。

f:id:soratobutomoko:20160403105230j:plain

f:id:soratobutomoko:20160403105323j:plainソメイヨシノに枝垂れ桜。

f:id:soratobutomoko:20160403105431j:plain桜って何でこんなに綺麗なのでしょう。

福岡の舞鶴公園もいいけど、勝山公園もいいね。

お城が見れるのが嬉しい。

歩き回ったあとは

f:id:soratobutomoko:20160403105622j:plain石垣に腰掛けて、本日2本目の氷結とたこ焼きと焼き鳥で乾杯!

ああ。青空の下で飲む氷結って何でこんなに美味しいのだろう。

トモちゃんは家飲みの時はほろよいを買うのですが、青空の下では氷結が一番美味しいと思います。

持田さんはのんびりお花を眺めながら、お酒を飲んでいましたが、トモちゃんは必死に食べてましたね。笑

 

いい芝居を観て、お花見をして、とてもいい一日でした!

最近トモちゃんは落ち込んでばかりいたので、とてもいい気分転換が出来ました。

持田さん、ありがとうございます。

 

押して下さると、励みになります にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村