にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

夫婦二人でトーシツです

統合失調症夫婦の日常を妻の目線から綴るブログ

トモちゃんトーシツを発症するまで、昔の話。今はもう吹っ切れた。

久しぶりに眠れない

 

仕事始めの水曜日の未明、みなさんいかがお過ごしですか?なんだか眠れないトモちゃんです。

 

昨夜は22時過ぎには床に就き、うつらうつらもしてたと思うんですが、目が覚めたり、ぼーっとしたりで現在(午前3時36分)に至ります。

 

もう起きていようかな〜ということでブログを更新。

 

寝ていないと、トモちゃんは音に過敏になります。

そして被害妄想が強くなる。人に悪い噂をされている気になります。

 

昔はこの被害妄想を現実のものと捉えていたけど、最近は

「まーた被害妄想が出てる。気のせい気のせい」

と自覚出来るから、ちょびっと楽です。

 

眠れない件に関しても、昔は大騒ぎでしたが、

「ま。そんなこともあらぁね」

とどっしり構えられるようになりました。その日の日中の眠気はひどいもんですが・・・。ほどほどにやっていけばいいね。

 

 

このブログ、『夫婦二人でトーシツです』と名乗っておきながら、トーシツの話はあんまりしてないですよね。

でもブログの記事のアクセス数で言うと、最初の「はじめまして」という記事が人気みたいです。

トーシツになった方、またはその家族の方が読んでくれているのかなぁと思います。

そんなわけで、たまには自分のトーシツ歴について書いてみようかなぁと。

 

 

トモちゃんは今年でトーシツを発症して19年目になります。

中学三年生の15歳で発症しました。不登校と併せての発症だったので、発症当時の前駆期は思春期特有のモヤモヤだと周囲も理解していました。

 

トモちゃんは中学二年生の時に、生徒会の副会長に選出されて、それ以降は生徒会の運営に関わっていました。

すると当時の担任から、随分と否定的な言葉を浴びせられました。

怒られた原因はトモちゃんにもあるのですが、それより度を超えたお叱りだったように思います。

(当時の担任はプライベートでいろいろとストレスがあったらしく、学校で生徒への当たりが厳しいことで有名でした)

 

二年生はなんとか学校に行けたものの、三年生からは休みがちになり(三年生のクラスと担任が嫌いだったのです)体育祭を終えた5月頃から完璧な不登校になりました。

それ以降は臨床心理士のカウンセリングに連れて行かれたりしましたが、何も話すこともできないままでした。自分の心の葛藤を言葉で表現出来ませんでした。

 

不登校になる直前は暗記モノが得意だったトモちゃんは、三年生の初めに習う元素記号がいつまでたっても覚えられず、作文を得意としていたのに先輩の卒業式の答辞も全く書けませんでした。

 

頭がきちんと動いていなかったようです。そのこともトモちゃんを不安にさせました。

その頃からトーシツの症状はあったのだと思います。

 

 

不登校になって、昼夜逆転になり、そして眠れない日々が続いて三日三晩完徹をして、様子がいよいよおかしくなって、8月17日に医療保護入院が確定しました。

 

当時のトモちゃんは自分が障害者の子供であるという錯覚をしていました。

トモちゃんパパもママも、障害者。兄二人も障害者だったと思っていました。

(そんな事実は一切ございません)

 

障害者の子供は高校に上がる時に選別される。

上二人の兄は学区で一番の公立高校に入ったから、殺されなかった。

でも不登校のトモちゃんは選別から外されて、殺されてしまう。

そう本気で思っていました。

 

妄想がひどくなり、頭が子供に戻っておかしくなっていました。

今もその時の記憶がまばらにあるのですが、その時の自分はかなりおかしくなっていたなぁと思います。

タオルケットを頭からかぶってうわごとを言っていました。

それは強烈な印象で、入院施設のある病院の当時の担当医の川辺先生は即入院を決めました。

 

その日から三ヶ月トモちゃんは精神科病院に入院しました。

 

精神科病院の入院の話はまた今度詳しく書きます。

 

 

 

押して下さると、励みになります にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村