にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦二人でトーシツです

統合失調症夫婦の日常を妻の目線から綴るブログ

考えと自分の書いた文章が一致しない

眠れないね

タカちゃんのいびき響き渡る日曜日の夜更け、みなさんいかがお過ごしですか?久しぶりにPCからブログを更新のトモちゃんです。

 

昨夜に引き続き、睡眠の質が落ちています。

ようは疲れすぎだな。休養がもっと欲しい。そういや昨日もおでかけしたしな。

ずっと家でぐーぐー寝ていたいです。

 

それでも病歴19年、ちょっとやそっとのことでは動じなくもなってもきています。

1日2日眠れなくてもなんとかなるでしょ。と思ったり。

 

ただ9年前のトーシツ再燃のときも忙しくて、眠りの質が悪くなって、キレやすくなってきていたと記憶しています。今は結構赤信号かも。まだキレやすくはなっていない。

 

それにしてもぐっすり眠りたい…。眠れないのって地味にしんどいよな〜。

 

 

昨日は精神科の病気についてぐるぐる考えた1日でした。

帰宅して、買ってきた本を読んでいたよ。

 

精神科ナースになったわけ (コミックエッセイの森)

精神科ナースになったわけ (コミックエッセイの森)

 

 Twitterで話題になっていて、気になって読んでみました。

精神科病院の患者さんについて精神科ナースの目線から事細かに描かれたコミックエッセイです。

精神を病むということがどういうことかを目の当たりにした新米ナースが、その患者さんの心の奥にある、病気の根本になる原因を患者さんと接しながら模索する話です。

 

 

トモちゃんは精神科入院歴もあるし、就労移行支援事業所でも様々な精神疾患の人と付き合ってきたので、境界性人格障害の人もトーシツの人もうつ病の人も実際に接したことがあります。

みんな病気や生きづらさを抱えながらも懸命に生きようとしていました。

 

生きづらさを抱えて、もがきながら生活する人の一人にトモちゃんもいると思います。

 

精神科に入院していた頃からすると心持ちも随分楽になってきましたが、やはり生きづらさはありますよね。

最近感じている困ったことはというと…。

 

takachan8190.hatenablog.com

夫のタカちゃんもブログに書かれていたのですが、トーシツの症状や薬の影響で自分の書きたいことがダイレクトに文章に反映されない苦しさがあります。

 

 

トモちゃんが修士論文を書いていたころによく言われたのが、論文指導で指導教官と論文の中身について話しているときは理屈がまとまるのに、実際に書くと理屈がまとまらなくなることが多々ありました。

 

だから指導教官に「口で言ったことをそのまま論文にしてよ」とよく言われていました。なんで書けないのか自分でもわからず四苦八苦してたな。

 

トーシツが落ち着いてきても、自分の頭の中のイメージと実際の書いてみた文章のギャップが大きいです。

口では説明出来るのに文章に反映されない。困ったもんです。

 

疲れやすさ以外にもそういった後遺症のようなものはつきまとうと感じています。

それを含めた上で、どう生活するかを模索しています。

 

 

広告を非表示にする
押して下さると、励みになります にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村