にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

夫婦二人でトーシツです

統合失調症夫婦の日常を妻の目線から綴るブログ

ホワイトデーの思い出。鉄道員。

おはようございます。ホットドッグを食べ終わったトモちゃんです。

 

ただ今、絶賛アンネ前で食欲のタカが外れています。朝ゴハンも食べたのに、ホットドッグも食しました。ここのホットドッグはなかなか美味なのです。(いつも行っているコーヒー店ではない。別のお店)

 

f:id:soratobutomoko:20180314081022j:image

 

肉厚のソーセージがたまりません!

上に載ってる刻んだ玉ねぎとピクルスも美味しいんだな〜(o^∀^o)

最近疲れていたので元気が出ました!

 

さて今日はホワイトデーですよ。

タカちゃんのお返しを、なんなのか当ててしまったので(タカちゃんが買ってきたらすぐにお返しはなんなのか質問攻めにする癖がトモちゃんにはある)、貰う心づもりは出来ています。どんなデザインのものなのだろう?ドキドキです。

 

さて今週のお題

『ホワイトデーの思い出』

これは思い出すと、淡くほろ苦い思い出があるですよ。

 

時はミレニアム、トモちゃんは女子高生でした。実家の最寄り駅で働いている、高校を出たての駅員さんに恋をしていました。

 

まだその頃は駅員さんが改札口で切符を受け取る時代。〇〇さんはいつも丁寧に働き、券売機で困っているお年寄りに優しく接したりしていて、トモちゃんはこの人って素敵だなぁと思っておりました。特に好きだったのが、〇〇さんの構内アナウンス。優しく控えめな、でもよく通る声での構内アナウンスは聞いていて、とてもうっとりしていました。

 

〇〇さんの名前を知ったのは窓口業務をしているときに名札が出てるから。

それから〇〇さんが窓口のときに定期券の更新に通っていたものです。

窓口で少しずつお話しするようになり、距離も近くなったかな?と思って、バレンタインにチョコを渡しにいきました。

〇〇さんはちょうど窓口業務をしていて、呼び出して貰わずに済んだのでホッとした思い出が。

笑顔で受け取ってくれて、嬉しかったです。

 

そして、その1ヶ月後ホワイトデーに駅に行くと〇〇さんがいました。

厚かましいトモちゃんは

「お返しは貰えないのですか?」

と聞きました。

すると〇〇さんは悲しい顔をして

「僕には今、想いを寄せている人がいます。ただ僕はその人の年も名前も分かりません。だけど、その人のことを想っているので、トモコさんにはお返しは出来ません」

と言いました。

言われてズビーンとなったけど、トモちゃんはあっさりと帰路につきました。

 

それからは毎朝、駅を通るときに〇〇さんがいないとホッとし、いるとギクシャクしていました。

 

あっさり振られるもんだなぁと思ってた。そして〇〇さんの恋が実るといいなぁと思ってました。

 

それから数年が経ち、トモちゃんは大学生になり、〇〇さんも駅員ではなくなりました。駅員さんから多分車掌さんになったのだろうと思っていたよ。

そしたら帰りの電車の車内アナウンスで聞き覚えのある声がしました。

「まさかね」

と思ったけど、最後に車掌さんが

「この電車の車掌は〇〇です」

と言ったので驚き(〇〇という名前は非常に珍しい名前)

「〇〇さんの電車に乗ってる!」

と気分が高揚しました。

そして車内巡回にやってきた車掌さんを見たらその人は紛れもなく、トモちゃんの地元の駅で働いていた〇〇さんでした。

 

随分と立派になったなぁと思って、〇〇さんの姿を眺めていたら、左指の薬指にリングがあることに気付きました。

 

あのとき想いを寄せていた人と結婚出来たのかな〜、もう子供はいるのかな〜と大学生のトモちゃんは思いました。

 

振られた相手ではあるけど、幸せを願いました。

お返しが貰えないホワイトデーでも、その人のことを大事に思い続けられたのは良かったなぁと思います。

 

しかし職場に女子高生とはいえ、ちょくちょくやってきたり、チョコを渡されたり、〇〇さんは仕事をやりづらかっただろうなぁ、すまん…と大人になった今は反省しています。

非常にやりづらい中毎日頑張っていた〇〇さん、今日もどこかでアナウンスしてるかなぁ?

押して下さると、励みになります にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村