にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

夫婦二人でトーシツです

統合失調症夫婦の日常を妻の目線から綴るブログ

職場復帰とおでかけと何者を観た

◾️https化は出来るんじゃなかったの?

 

おはようございます。スターバックススパークリングのピーチスプラッシュを飲んでいるトモちゃんです。

 

いやー、春らしい、いいお天気が続きますね!とても気持ちのいい、お出かけ日和の毎日です。あー、お花見に行きたいなぁ。

先日、住吉神社に出かけて、その後は平尾のおシャンコーヒーを飲んできました☆

おシャンコーヒーの後は、薬院の街並みを歩きながら、テイクアウトでたこせんも食べて、食べ終えてからミナペルホネンを取り扱っているお店にも行きました!

とても楽しい1日だったよ^^こういう日がたまにあると嬉しいですね☆

この頃は、お金をかけずに遊ぶ方法が身につきつつあります。これはとてもいいことです。トモちゃんも昔みたいに欲しいものが多くなくなってきていて、財布も心も楽チンです。

最近は物にお金をかけるより、経験にお金をかけたいと思うようになりました。大きな心境の変化だな〜。お洋服や鞄を買うより、タカちゃんと美味しいものを食べたり、綺麗な景色を見に行きたいと思うよ☆

 

 

さて、先週は職場と面談をしてきましたよ。

いよいよ明日から復職です。一ヶ月半の間、休職しました。

復職して、最初のうちは週四日の午前中のみの時短勤務なので、プレッシャーが少なめです。全くプレッシャーがないわけではないけど、いきなり週五の6時間勤務ではないので、よかった〜。

ぼちぼち身体と心を仕事に慣らしていきたいです☆

 

この休職期間で、トモちゃんは自分の性格の悪さとか、人からよく見られようとするところとか、みんなから好かれようとするところとか、自分の欠点がよく見えて、浮き彫りになってそれはそれは凹みました。

 

今後は

 

二割の人から好かれていればよしとして、あとの人たち(万人)から愛されようとしないこと。

嫌われてもいいから、できないことはきちんと伝えること。

無理して八方美人になって、自分がクタクタにならないこと。

 

この三点を意識しながら仕事に取り組んでいきたいです。

 

無理はしすぎないに限る。自分で自分を追い込む考え方から離れたいと思います。

 

 

◾️映画鑑賞『何者』配信

 

 

何者

何者

 

 

朝井リョウ原作の映画。小説を先に読んで、観ました。公開当初からずっと観たくて仕方なかったのを、やっと配信でみたよ☆

 

学生時代に演劇をやっていた主人公の拓人(佐藤健)を軸に、熱心にやっていた音楽活動を就活を機にやめて内定をもぎ取る拓人のルームメイトの光太郎(菅田将暉)、留学帰りの光太郎の元恋人の瑞月(有村架純)、瑞月の留学仲間で意識高い系就活生の里香(二階堂ふみ)、里香の恋人で就活とは距離を置くクリエイター気質の隆良(岡田将生)の就活しながら自分と向き合い仕事について考える姿を描いた映画です。

 

観てみて「東京の大手志望の文系生の就活ってこんなに厳しいの?」と思いました。

大学時代は大学院に進んだので、就活をリアルにやってこなかったトモちゃん。

今はなんだかんだで障害雇用枠のアルバイトだし、新卒の就活ってのを体感したことがない。なので、この映画を観ていて、憧れを現実のエグさと、登場人物の黒い一面にうーんとなりました。

 

働くこと、自分の理想と折り合いをつけること、社会に出るための苦労、そんなことを考えながら、内定を出すために必死な登場人物たちに見入りました。

就活って厳しすぎる。そして新卒正社員が絶対の今の社会に、うーんと思ったよ。

新卒正社員になれなかった人はこの映画をどんな気持ちで観るのだろうね。

 

一緒に観ていたタカちゃんは

「こんな就活生いるわ〜」

と言っていました。新卒正社員が絶対のこの世の中。闘いは激化するわね。

 

最後のおちには、小説でもおっとなったけど、映画でもおっとなりました。

岡田将生がぽろっというのだよね。

 

就活を機にモラトリアムから、脱する登場人物たちの姿に、なんとも言えない心揺さぶられる感覚に陥りました。自分が就活生だったら、響きまくったでしょう。

 

障害者アルバイターじゃなかったら、この映画をどんな気持ちで観たかな。

色々と考えたけど、物語の結末同様、答えはでません。

ラストシーンから流れ出す、米津玄師の歌声がすごく気持ちよかったです。

面白かったと思います。

押して下さると、励みになります にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村